メディア取材いただきました

メディア取材いただきました

来る6月で出版から3年となる『どこでもオフィス仕事術』なのですが、最近立て続けに取材していただく機会がありました。どちらも日経メディアというところが興味深いのですが。

ひとつめは、4月10日発売の日経ビジネスアソシエ

nikkei_business_associe

 

『できる人の机術』という特集号に、ノマド仕事の事例紹介をいただきました。しかし『どこでもオフィス』というコーナー名なのに、わたしの肩書きに『「どこでもオフィス」仕事術』の著者と入ってなかったのは、、、後で気付いてしまった、と思いましたねえ。。。(笑)
内容は著書で紹介したネタがほとんどなので、本を読んで頂いているみなさんには新しい発見は少ないと思います。

続きを読む 紹介メディア取材いただきました

地下鉄車内がノマドワーク空間に

地下鉄車内がノマドワーク空間に

東京メトロ、きょうからほぼ全線で携帯通信OK タブレットで動画も視聴可 来ました! とうとう東京メトロのほぼ全線で、車内からのケータイアクセスができる環境が整った、という報道。雨の日も風の日も、暑い夏も寒い冬も? 居心地続きを読む地下鉄車内がノマドワーク空間に[…]

ノマドワーカーにはふさわしいバッグが必要だ

ノマドワーカーにはふさわしいバッグが必要だ

荷物量によるノマドワーカーの分類

ノマドワーカーの「スタイル」について。これ、大きく分類して2種類あると思います。
できるだけ荷物を軽くするスタイルと、あれもこれもと沢山持つスタイル。

『「どこでもオフィス」仕事術』でも書いてますが、わたしの場合は完全に後者です。
いつでもどこでも、不測の事態にも対応できるような荷物も詰め込んで家を出ます。
逆に言えば、「オフィスに置いている荷物」というものがないので、喫茶店でもクライアントのデスクでも、このバッグさえあればほぼ不自由なく仕事をこなすことができます。

続きを読む 紹介ノマドワーカーにはふさわしいバッグが必要だ

ノマドワーキングとコワーキング

ノマドワーキングとコワーキング

ノマドワーキングと個人力の向上

※「コワーキング・アドベント・カレンダー2011」に参加しています。

わたしはこの数年間、オフィスを持たない働き方を実践してきました。
週の9割以上を、自社オフィスの外─クライアント企業のデスクや、カフェ、レンタルオフィスなど─で過ごしています。そもそも、その自社オフィスですら、定まった席があるわけではありません。レンタルオフィススペースの共有スペースのどこかを利用しているという状態です。

続きを読む 紹介ノマドワーキングとコワーキング

コワーキングスペースの引力(1)

コワーキングスペースの引力(1)

なぜコワーキングは僕らを惹きつけるのか?

東京に3つのコワーキングスペースがオープンした2011年11月1日、ご縁あって、日本のコワーキングのキーマン・伊藤富雄さんとお会いしていました。伊藤さんは日本初のコワーキングスペース、「カフーツ」(神戸)のオーナーです。また12月11日に開催の「コワーキング・フォーラム関西2011」の主宰者でもいらっしゃいます。
ほんの数時間の間でしたが、いろんなお話をする中で、コワーキングがわたしたちノマドワーカーの心を捕えて離さない理由がハラオチしたように感じました。
「コワーキングスペース」シリーズ3回目は、ちょっと長くなりますが、その体験とともに感じたことシェアさせて頂きたいと思います。

続きを読む 紹介コワーキングスペースの引力(1)

ノマドワーキングの「効果」

ノマドワーキングの「効果」

ノマドワーキングが、震災をきっかけに、企業にも注目しているという話を耳にします。
「事業継続のための手段として」「オフィススペースや光熱費のコスト削減手段として」注目されるのは当然かもしれません。
個人的には「隙間時間に仕事ができる」「移動時間の無駄を省く」という面だけではない、新しいノマドワーキングの可能性があるのではないか、と思います。

そこで、仕事にどのような「効果」をもたらしているのか、実際にノマドワーキングを実行している人にその実感値を伺うアンケートを企画しました。

続きを読む 紹介ノマドワーキングの「効果」

photo by: kevin dooley