ノマドワーカーにはふさわしいバッグが必要だ

荷物量によるノマドワーカーの分類

ノマドワーカーの「スタイル」について。これ、大きく分類して2種類あると思います。
できるだけ荷物を軽くするスタイルと、あれもこれもと沢山持つスタイル。

『「どこでもオフィス」仕事術』でも書いてますが、わたしの場合は完全に後者です。
いつでもどこでも、不測の事態にも対応できるような荷物も詰め込んで家を出ます。
逆に言えば、「オフィスに置いている荷物」というものがないので、喫茶店でもクライアントのデスクでも、このバッグさえあればほぼ不自由なく仕事をこなすことができます。

大型トートバッグが便利です

そのため、使っているバッグは自然と大きくなります。行く先行く先で「バッグ、大きいですね!」「がっつり荷物入ってますね!」と驚かれることしばしば。
数年にわたるノマドワーキングでの実践を経て、「大容量トートバッグ」が非常に気に入ってます。

この1年ほど利用しているのが、東急ハンズで購入したノーブランドの大容量トートバッグ。
ざっくりとした風合いの黒ナイロン製で、見た目は無骨なものの、使い勝手よし、機能よしで、とても満足しています。
とある雑誌の取材で紹介していただいたこともあります。記事を見た読者の方から問合せを頂いたのですが「2010年の秋頃に東急ハンズで購入した商品」という情報しかわからないのが残念です(メーカー名もブランドタグもない、不思議な商品(笑))。

このトートバッグ、こんな特徴を持ってます。

  1. 長さ48cm×高さ32cm×厚さ15cmという大容量
  2. 取っ手部分のストラップの長さが調整できる
  3. トップ面がジップ。閉じることができる
  4. 底面にスチール製「脚」(スタッズ)が5つ
  5. 旅行用キャリーハンドルに通せるベルト付き
  6. 長いストラップを取り付け/外し可能

大容量なので、いろんなものを詰め込めます。わたしの場合、ふだんから荷物が多いのですが、それでもなお、出先で頂いた資料や品物も、詰め込めるのは素晴らしい!

肩掛け利用できるバッグは、片手に荷物があっても、もう片手が使えると言うメリットがあります。
たとえば雨降りのとき、傘を差しながらケータイを使えなくて困ったことはありませんか? 耳と肩に挟むのが難しいスマートフォンはますます使いにくくなりそうです。そんなときに、トートバッグはとても便利なのです。

わたしのバッグ、さらに取っ手部分のストラップ長さを調整できるようになっているため、短くしてビジネスバッグ風にも使えます。お気に入りのスーツなど、肩掛けによるシワを付けたくない服を着るときなどは、手提げバッグとして使える。これ、めちゃくちゃ便利なんです。

底面にスタッズが付いているので、電車の床などに直接置いたりする時も便利です。
驚いたのは旅行用スーツケースのハンドルに通せるベルト! ふだんはマジックテープで止まってますが、いざというとき、ここにハンドルを通すと、スーツケースと一体にして運ぶことができます。これ、涙もの機能です。

ところが…

こんなお気に入りのトートバッグなのですが、1年以上の利用で、ストラップの取っ手部分の合成皮革部分が劣化してボロボロに。。。
バッグなどの修理をしてくれるお店で見積もってもらったら、なんと、1万円近くするというではありませんか!
これ、購入したときの金額が約1万円でした。

そういうわけで、この2か月ほど、似た商品を購入できないかと探しているのですが、なかなか見つかりません!
「惜しい!」製品はいくつかあるんですが。
いちばん近いのが、吉田カバンの「Porter/HEAT」。

底面のスタッズとトップ面ジップがあれば、いいんだけどーーーー!!

なんてやってるうちに…

…なんて、いろんなバッグを見ているうちに、つと、ノマドワーカー向けの機能をてんこ盛り搭載したバッグを作ることはできないかと考え始めました。
また、逆に、わたしの意見だけでなく、他の方の意見も聞きたい、とも思いました。

…そんなわけで、『「どこでもオフィス」仕事術』のFacebookページで、アイデアを集めてみたいと思います。
ぜひ、Facebookページに遊びに来て、一言ご意見ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です