*

コワーキングスペースの引力(2)

公開日: : 最終更新日:2013/04/27 コワーキング, 特集 , 5,081 views

コワーキングとコミュニティ、コワーキングとソーシャルメディア

New Work City創業者トニー氏が来日したときの様子をWebで見る限り、「コワーキングとは、コミュニティがもっとも重要な要素である」という趣旨の発言が繰り返しされていたようです。
[blackbirdpie url=”https://twitter.com/#!/gine_joybox/status/98723098416791607″]

トニー氏の登壇するイベントにも、コワーキングスペースでのセッションにも参加できなかったわたしは(カンヅメになってました(笑))、泣く泣くTwitterで流れてくるレポートをチェックしていたのですが、「うまいことを言うなあ。さすが、米国人はプレゼンの話が上手だなあ」
…なんて、感じたのを覚えています。しかし、そういうニュアンスじゃないんですね。現場に足も運ばず、バカな曲解をしてしまってました。トニーさん、ごめんなさい。

いろんな人たちにお話を伺い、コワーキングのネットワーキングに参加してみてわかりました。
「コミュニティ」はコワーキングスペースがコワーキング=協働の場であるためのシカケそのもの。
美辞麗句でもなんでもなくて、その活動を回すエンジンそのものなんですね。

コミュニティのない場所に自律的なコワーキング(協働)が生まれるわけがありません。
電源とWi-Fiを提供するだけの場所ならば、雰囲気作ってみてもネットカフェです。
では、ネットワーキングパーティを開けばいい? いえいえ、どんな人が集まるかわからない異業種交流パーティは、コミュニティを作るためのキッカケになることはあっても、そのものがコミュニティにはならんのです。

  • 参加者が自律的に参加・退出することのできる空間がある。
  • 参加者どうしが対話するためのモデレーター役、キッカケ、雰囲気、文化がある。
  • 参加者がその場にふさわしい知り合いを連れてきて参加させることができる。
  • 新たな参加者を迎え入れ、必要に応じて導入介助をしてくれる人がいる。
  • 参加者は、自分の利益だけでなく他の参加者や全体の利益を意識して動く。

すぐれたコミュニティや活性したコミュニティにはこうした条件が備わっています。
実際、時間や距離の制約がないネット空間……とくに誰もがコミュニティ空間を構築できるソーシャルメディアの上には、日々新しいコミュニティが次々と生まれて、盛り上がっています。

ソーシャルメディア上のコミュニティでつながった人たちが、「いっしょに、会って話をする」ために集まる場所がコワーキングスペースなのだ、と考えると、すごくすっきりします。

コワーキングスペースの開店ラッシュがTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアのブームの直後にやってきているのも、なるほどと思えます。

実際には話はそんなには単純ではないのでしょうが、コワーキングスペースとソーシャルメディアが切っても切れない関係にあるのは、コワーキングスペース利用をしている方なら誰もが実感していることでしょう。

セレンディピティ体験

カフーツ・伊藤さんとのミーティングが、まさにこれにそっくりでした。伊藤さんとは、わたくし、Facebookの『コワーキングJP』グループのスレッドで知り合いではありました。ただ、時々遠慮がちに「いいね!」を送ったりするような関係。しかしあるキッカケがあって何度かメッセージをやりとりさせていただき、原宿で初めてお顔合わせしたのです。

ソーシャルメディアの上ではお互い遠慮がちだったわけですが、“コミュニティ”というコンテクストのおかげで、初対面から親近感を感じてしまいます。
そして話し始めると、話題は思わぬ方向に加速し、思わぬところに共通の知り合いが見つけ、思わぬ着地点が見つかり、思わぬコワーキングの種が生まれました(実行していませんが:笑)。

コミュニティのコンテクストを「縦糸」とするならば、その上で参加者同士が対面して対話しリアルな活動によってコミュニティを活性・拡大する作業は「横糸」と言ってよいでしょう。縦糸と横糸が織をなすと、「深いご縁」を感じてしまったりもします。コワーキングスペースでは、こうした「セレンディピティ体験」がよく観測されているようです。

さらに日々コワーキングスペースで会って対話を重ねるうちにその「ご縁」が「特別な連帯感」や「特別なチームワーク感」に深化してゆくようです。
その場に集まっただけの人たちのはずなのに、まるでなにかに導かれたかのようだと感じるのは、実はコミュニティが持つ自己組織化のチカラをうまく使っているからなのでしょう。
そしてこの不思議で神秘的なチームビルディング力が、コワーキング体験者を惹きつける理由ではないでしょうか。

コワーキングスペースとシェアオフィス・レンタルオフィスが異なる点があるとすればここだと思います。
(※トニー氏のコメントは @gine_joybox さんのTweetを参照させていただきました。御礼!)

ちょっと蛇足になりますが、ここで「コミュニティ」を「生態系」と言い換えると、ビジネス生態系の研究書籍~「キーストーン戦略(Harvard Business School Press)」に驚くほど一致するお話になります。コワーキングスペースの運用をビジネス生態系を維持する活動である、と読み解くと、この書籍、コワーキングスペース運用の教科書として使えると思います。
コワーキングスペース管理者のみなさまにおすすめです(笑)。

…ああ、(2)でも足りなくなりました。。。。(3)に続きます。。。

おすすめの商品

つながりの仕事術~「コワーキング」を始めよう (洋泉社新書y)

本日、『つながりの仕事術~「コワーキング」を始めよう』が発売になりました。 このサイトでも

レビューを読む

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム プライム 3&1 MSXE450000724 ブラック

筆記時の抵抗が少なく、なめらかに書けることに特化した「ジェットストリーム4+1」はぜひ一度使ってみて

レビューを読む

オルファ カッターミシン目カッター28 194B

デジタルとアナログのハイブリッド仕事術を実現するために、ノートに書いた情報をスキャンしてデジタル化す

レビューを読む

関連記事

『ぼくらの時代のライフデザイン』

ノマドライフを実践されている米田智彦さんが、本日3月15日にダイヤモンド社から『僕らの時代の

記事を読む

THE21にインタビュー記事が掲載されました。

現在発売されているPHP出版の雑誌「THE21」さんにインタビューして頂きました。 【特別企画

記事を読む

電子書籍『「どこでもオフィス」仕事術』7月28日発売…延期。

『「どこでもオフィス」仕事術』の電子書籍版(iPhone/ iPad対応)が本日、7月28日発売

記事を読む

ビジネスモバイル最強化計画

レッツノート関連サイトでプレゼント!

『「どこでもオフィス」仕事術』では、おススメのノートパソコンとして「レッツノート」を紹介しています。

記事を読む

コワーキングスペースの引力(1)

なぜコワーキングは僕らを惹きつけるのか? 東京に3つのコワーキングスペースがオープンした2011年

記事を読む

英語メディアで東京近郊コワーキングスペース情報

東京の情報を英語で発信するメディア「Tokyo Cheapo」で、東京近郊にある外国人受け入

記事を読む

THANX 「つながりの仕事術」レビューまとめ1

「つながりの仕事術」、発売から数日経ち、献本差し上げた方々や予約購読して頂いた皆さんから書評

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ノマド仕事にいいバッグ2015

わたくし、ノマドワーカーが持つべきバッグはLサイズのトートバッ

「どこでもオフィスに!」という記事書きました。

ワークプレイス戦略に関する情報を広く提供するウェブサイト「ワクスタ」(

ノマド仕事用バッグの便利商品

カバンを床に置いたときに、へたへた、と倒れてしまう・・・。これ、ノマド

英語メディアで東京近郊コワーキングスペース情報

東京の情報を英語で発信するメディア「Tokyo Cheapo」

Porter Prismトート×「カバンの中身」がノマド仕事にいい理由

会社の外で仕事をするノマドワーカーにとって、バッグは、オフィスそのもの

→もっと見る

PAGE TOP ↑