新設コワーキングスペース訪問記

東京コワーキング・ラッシュ

コワーキングの話を、少し続けて書いてゆきたいと思います。

11月1日、1日だけで都内に3つのコワーキングスペースがオープンしたそうです。ご存知でしたか? ちょっと、すごいと感じませんか?

「めっちゃ盛り上がってますよ」と、教えてくれたのは11月1日、渋谷にコワーキングスペース「Lightning Spot(ライトニングスポット)」をオープンさせた中川亮さん。
(中川さんはオフィスシェアマッチングのWebサービス「Share Zero」の運営もされているアツい起業家です)


IMG_1296Lightning Spot(渋谷)は格安で利用できるのが特徴。渋谷駅新南口から徒歩30秒というアクセスのよいビルの7階にあります。
現在オープン記念の体験利用ができますが、基本は会員限定のコワーキングスペース。月額3780円~というプライスに驚きです! それなのに椅子はあの憧れのアーロンチェア!!
人気ブログ「ソーシャルWebが拓く未来」のイケダハヤトさんも利用宣言もされるなど、オープン初日からソーシャルメディア上で注目を集めています。

IMG_1270もうひとつの11月1日オープンは、西麻布のコワーキングオフィス「NOMAD NEW’S BASE」。先日Startup Datingというイベントがこちらで開催されました。特徴はエントランスの門からエントランスまでのアプローチ。まるで隠れ家かヒミツ基地のようなムードを醸してます。この雰囲気に魅了される人は多いはずです。
こちらは3階建ての1Fをカフェとして非会員にも開放(ドロップイン可能)。2階が会員用コワーキングスペース、3階がイベントスペースになっているそうです。

3つ目は天王洲アイルのSamurai Startup Island。こちらはベンチャー支援企業サムライインキュベートさんの支援するスタートアップ企業のために作られたコワーキングスペースです。10月31日に開催されたオープニングイベントにはわたしもお邪魔してきました。代表の榊原さんのアツいノリが大好きなのですが、スピーチでは「羽田空港に近いという地の利を活かして、海外のベンチャー企業やベンチャーファンドとの関係構築も進めてゆきたい」という、大きなビジョンも披露されていました。

いろんな形が出てきそう

11月1日オープンの3つを見ただけですが、それぞれのコワーキングスペースがそれぞれ個性があるのがわかります
すでに都内だけでも大小30か所程度のコワーキングスペースがオープンしていると言われています。ノマドワーカーとしては、一通り巡ってみたいという衝動に駆られます(笑)。
もしかすると「コワーキングスペース」って、じつは「飲食店」くらいざっくりとした分類なのかもしれませんね。「イタリアン」や「和食」といった分類、和食は和食でも「和食創作料理」といったスタイルがあるように、コワーキングスペースにも、もっともっといろんなバリエーションが登場してくるんじゃない? と期待が膨らみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です