「iPadはノマド仕事に使えるのか?」使い勝手を検証(2)

iPad
すっかり時間が経ってしまいましたが、「iPadはノマド仕事に使えるのか?」の続きです。

※更新をのろのろしている間に、Mac Book Airの新型やiPadのiOS4.2対応などの環境がやってきましたが、本稿の方針は本質的にはかわりません。

iPadでのノマド仕事について、もっとも気になる「ドキュメントの作成」について。


iPadでのドキュメント作成作業

いろんなご意見や、異論もあるだろうことを承知のうえで、iPadはドキュメント作成、とくにパワーポイントのようなプレゼン資料の作成には、向いていないと、結論付けてよいのではないでしょうか。

たとえば、いままでオフィスで固定PCを利用していた方が、「ノマド仕事ができる環境を手に入れたい」と考えるとして、メールなどを中心に考えているのならば、もしかしたらiPadは「使えるツール」かもしれません。
しかし、「資料作成もしたいんだよね」と言うのなら、「それは、無理ですね」と答えるのが適切です。

Keynote for iPad
でも、iPadにも資料作成のソフトもあるみたいだけど?

はい、その通り。

Mac用のプレゼンアプリ「Keynote」は「PowerPoint」の数段上をゆく演出力があります。

そのiPad版は1200円。価格と性能を比較すれば、よくできてます。
ちょっとした勉強会用スライド作成には、役立つかもしれません。
しかし、いままでどおりのプレゼン資料作成となると、実用に耐えません

同様に、Wordのような文書ファイルやExcelのようなスプレッドシート作成についても、さまざまなアプリがリリースされていますがわざわざiPadで作るのはどうかしら?と感じる人の方が多いでしょう。

では、iPadは「ノマド仕事で使えないのか?」というと、決してそうではありません。


iPadはビューワとして優れている

iPadは「ビューワ」としての使い勝手が非常にすぐれています。
小さい画面なのに解像度が高い、という液晶の特徴は、Web閲覧にも便利だと前回書きましたが、この長所を、ドキュメント作成のフローで活用することができます。

Evernoteを活用してサブモニタに

PCとiPadを並べてツインモニタにわたしが気に入っている使い方のひとつは、iPadをノマド中の作業用サブモニタとして利用する方法。
複数のウインドウを立ち上げて、「見るためのファイル」と「作業用ファイル」を行き来するケースがあります。

そんなとき、「見るためのファイル」はPDF化してEvernoteにいったんクリップ。
同期が終了したところで、その資料をiPadから開きます。
カフェの狭い空間でも、こんなふうに、ツインモニタ的な作業環境を手に入れられます。

資料を「見る」「探す」ためのiPadと、ドキュメントを「作成する」ためのノートPCとが役割をそれぞれ分離することで、作業が効率化されるのです。

DocumentsToGoを使って簡易編集&プレゼンテーション


もうひとつ、使い勝手がいいのは、簡易編集&プレゼンツールとしての使い方。
会社概要やサービス案内など、定型のドキュメントをノートPCを使ってパワーポイントで作成しておきます。
DocumentsToGo」というアプリを使って、こうしたファイルのPCとの同期や、かんたんな文字の編集、ページ単位での削除などができます。
たとえば資料の宛名部分だけ、訪問先に伺う5分前に修正したり、不要なスライドを削除することができるのです。
しかもiPadなら、そのままプリントせずに、紙の資料を見せるように見せることができます。


さらに、DocumentsToGoは、見せた資料をその場でメール添付送信できるようになっていますから、打合せの場で「資料送付」をすることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です