公衆無線LAN競争激化♪

ノマドワーカーにとって、パソコンの消費電力が携帯電話通信より少ない無線通信、「無線LAN」(Wi-Fi)は有難い存在ですが、今月(2010年5月)は、各社が次々とサービス拠点を増やしたり、利用価格を値下げしたりしています!

このタイミングで各社が値下げに踏み切ったのは、iPadの利用がカギになっている様子。
無線LANの利用が増大すると見込んで、安く、多くの人に利用してもらおうということのようです。

先日発表があった、auの無線LANサービス値下げに続いて…

1)6月1日よりNTT東日本の「フレッツ・スポット」の利用料金も値下げ!! 
月額800円(税込840円)が、200円(税込210円:※ただし自宅でFLETS光サービスを利用している場合)に。

2)6月1日よりSo-netのHOT SPOT・モバイルポイントローミング利用料金が値下げ!![PDF]
月額1470円(税込)が、それぞれ380円(税込)に!

いずれも、ノマドワーカーには嬉しい「競争激化」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です