大変! N700電源&Wi-Fi確保

大阪出張の「どこオフ」レポートは続きます。

無事、電源確保、できました。

窓際席の電源コンセントは、2人掛け席でも3人掛け席でも1つしかありません。どちらも窓側席の足元にあるので、今回「窓側席」を希望して指定席を取りました。
でも、新横浜からの乗車の場合、先に着席している方が電源を利用している可能性もあったわけで、「電源確保の確実性」としてはよくなかったな、と反省。そして、ひとつ大事なことを忘れていたのに気づきました。

N700 系車両で、確実に電源を確保できる場所があります。

それは「バルクヘッドシート」……つまり、それぞれ車両の先頭席(あるいは最後尾席)です。ここだけ、各席分のコンセントが目の前にあるんです。

電源確保ができて喜んでいたら、予想外の事態発生!

なんと、無線LANがつながりません。

  • mobile point
  • HOT SPOT
  • docomo
  • NTT-SPOT
  • UQ Wi-Fi

の基地局表示があり、それぞれかなりの電波感度があります。

わたしはmobile pointとHOT SPOTのアカウントを持っているので、それぞれ試しました。
どちらもログインの画面までは行くのですが、「ログイン」のボタンを押すと「ログインに失敗しました」というエラー画面になってしまうのです。

たぶん、アクセスポイントに接続できるユーザー数を超えてしまっているのでしょう(本当にまわりのビジネスマン、みんなノートPC開いてます)。Wi-Fiはこの接続数上限が泣きどころです。

泣く泣く、イーモバイルの通信端末を使って(携帯電話回線での)ネット接続することに。
ところが、間の悪さってのは連続するんですね。熱海のトンネル連続エリアに突入(笑)。通信できなくなりました。

…と、凹んでいましたが、先ほど掛川の手前でmobilepointに接続成功。

きっと、「オフィス新幹線」での作業がひと段落したひとがいるということでしょうね。
こんなケースに備えて、無線LANのアカウントは複数持っておいたほうがいいのかもしれません。

新幹線内での無線LAN(Wi-Fiスポット)に接続成功すると、特別な画面が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です